2007年01月07日

18切符の旅終焉@熊本〜宮崎〜鹿児島

787.jpg

18切符での九州縦断旅行。
今までみたことがない風景や、素敵な地元の人々のふれあいもありつつ。
とってもいい思い出になりました。

もうなかなか九州へ来る事はないかもしれないけれど。
たくさ〜〜ん良い思い出ができました♪

787.jpg

この列車の旅もそのひとつです♪

posted by ヨーコ at 16:39| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車窓@熊本〜宮崎〜鹿児島

770.jpg

大野第一トンネルを抜けると、江白山・市房山がみられる上熊地方を望む展望が見られます。

771.jpg

残念ながら天気が悪く山はみることができませんでした(´・ω・`)ショボーン

posted by ヨーコ at 13:35| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肥薩線の旅@熊本〜宮崎〜鹿児島

18切符を使って「日本一の車窓」の旅へ。

日本一の車窓といわれる肥薩線(えびの高原線)は
熊本〜宮崎〜鹿児島の3県を走る鉄道路線で、明治42年に開通。

759.jpg

乗車したのはレトロな外観の観光列車「いさぶろう」号(人吉駅→吉松駅)

(吉松→人吉区間は車名を変えてしんぺい号になります)

760.jpg

車内はリッチな雰囲気漂う、レトロ仕様。
ほんのちょっぴり豪華な列車の旅のはじまりです。

posted by ヨーコ at 13:10| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人吉城の石垣@熊本

人吉城は三日月紋の入った奇石が見つかったので、
別名繊月城とも呼ばれています。

758.jpg

ずーっと石垣ばかりが続いている川のそばを、
時間ぎりぎりになって、ダッシュで自転車で走りぬけ
相方さんお勧めの場所がココでした。

この石垣は幕末に築かれたもので、
ヨーロッパの築城技術である槹出工法(はねだしこうほう)を
応用した「武者返し」と呼ばれる独特の石垣だそうです。

日本では他には函館の五稜郭しかないものだそうです。

石垣を見た後は大急ぎで駅に戻りました。

posted by ヨーコ at 12:47| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九千坊号に乗って♪18切符の旅@熊本

熊本〜人吉間を走る、九千坊号に乗り込み電車の旅スタート♪

734.jpg

球磨川沿いを走り、いくつものトンネルを抜けて見える風景が
どことなく懐かしい雰囲気に包まれます。

735.jpg

山に囲まれた川を跨ぐ赤い橋。

736.jpg

このダムは県営荒瀬ダム。
まもなく撤去されるそうです。
昔の環境に戻ることを祈りつつ・・・・・。
電車はどんどん走り抜けます。

737.jpg

球磨川旅館は珍しい木造三階建て
築50年たっているそうな。昭和初期の建物。
とても赴きがあります。

738.jpg

この沿線、春の桜の時期とってもきれいでしょうねぇ〜〜ヽ(´ー`)ノ
今は桜を見られないけれど、電車の中にあった有志の方の写真を見て感動しましたよ。

739.jpg
「せといし」という駅で途中下車。
ずーっと電車にのりっぱなしだとちょっと退屈しちゃうので
時折、発車まで時間のある駅にとまったときは
降りてちょこっと散策します。

740.jpg

冬だから影がなが〜い

742.jpg

ちょっぴり天気は曇り空・・・。
この風景、母の実家のある愛媛の風景に少し似ていますー。

744.jpg

白石駅のレトロ〜な駅舎、赤いポストがなんともいえない風情をかもしだしてます。

745.jpg

こういう駅舎を見ると心が落ち着く私・・・。
木のぬくもりって大事ですね。

746.jpg

中はこんな感じ。
ほんと懐かしい・・・昔はこんなんだったのにぃ
今は見かけませんよね・・・・

747.jpg

ひとけがないけれど存在感があります。

749.jpg

ここは一勝地という駅。
縁起がいい駅名ということで受験シーズンになると切符をお守りにする人がいるとか。

748.jpg

こういうの見ると、ちょこっとうれしいです♪
たった一日に一往復しかしていないこの電車のために。。。。。
と思うと、じーんとしてしまいます。

750.jpg

今年は、初詣のおみくじが凶だった私にも、何かいいことありますように〜ヽ(´ー`)ノ

ということで、

熊本駅 - 川尻駅 - 宇土駅 - 松橋駅 - 有佐駅 - 新八代駅 - 八代駅 - 坂本駅 - 葉木駅 - 瀬戸石駅 - 吉尾駅 - 白石駅 - 球泉洞駅 - 一勝地駅 - 渡駅 - 人吉駅

の旅は終了しましたヽ(´ー`)ノ


posted by ヨーコ at 10:56| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九千坊号@熊本

18切符で九州縦断の旅にチャレンジ。

一緒にいった、連れが前回18切符でいったという鹿児島の
「日本一の車窓」を眺める為に朝から出発ヽ(´ー`)ノ

前日は嵐のような降雪もあったので、
山の上にはもしかしたら雪があるかも。。。?
とちょっと期待を抱きつつの、電車の乗り換えです。

まずは、熊本→人吉へ。
観光列車の一日一往復しか走っていない九千坊号へ乗り込みました♪
畳敷きの列車にびっくり(☆∀☆)キラリン

731.jpg

日曜、祝日のみの運行で、1日一往復しか走っていないめずらしい列車。

732.jpg

熊本特産のい草を使用した畳に、畳のカーテン?のようなものが
窓にぶらさがっていたり。

思わぬ電車の改造っぷりにびっくり、
なんともいえない、手作り感にぬくもりを感じました。

733.jpg

車内は空いていて、窓も広いしリラックスできます。
何より、足を伸ばして座れる畳でゆっくり車窓を眺めながらの旅。

741.jpg

車内には、九千坊号の名前の由来や
沿線でみられる季節の風景写真をおりまぜた手作りの冊子を
観覧することができます。

その冊子によると、九千坊号の名前の由来は
球磨川に伝わる伝説で、九千坊という文武に優れた指導者の率いる河童の大群9999人が中国の呉の国から渡来し球磨川に住み着いたとのこと。
河童たちは時に、イタズラをしたり、土地の人と相撲をしたり
人々と交流を深めたそうです。
日本のカッパ族はこの九千坊の子孫が分散して、
それぞれの土地に住み着いたと言い伝えられているそうです。
posted by ヨーコ at 09:56| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

阿蘇神社@熊本

以前きたときは台風の影響で楼門が大破してしまい・・・復元工事中でしたが
今回は立派に修繕された楼門を見ることができました♪

645.jpg

お寺に大きな山門があるのはよくみられるけれど、
神社に楼門ってやっぱり珍しいですよね。
九州は多いのかな?

646.jpg

ここの手水屋の水は名水としても有名で「神の泉」という名前がついています。
もともと、この地域では地下水が湧き出していてあちこちに水基があります。
冷たくて透明感のあるとっても綺麗な無色透明。
水基めぐりでお水のテイスティングしてみるのもいいと思います(^^)

商店街には店の傍らに水基があり自由に誰もが飲めます。

647.jpg

この水を利用して作ったケーキや、
阿蘇の馬肉をつかった「馬ロッケ」などもあったり♪

神社でおまいりした後も地元商店街をふらりと歩いて楽しめますよ。



タグ:熊本 阿蘇
posted by ヨーコ at 14:20| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬の米塚@熊本

山一面が緑に覆われたその姿を求めて写真をとりに来る人が多い米塚

644.jpg

冬は一面、茶色になっちゃうんですねぇ・・・・・ビックリ!

周辺はススキもたくさんはえているので秋はススキ野原でまた違う顔をみせてくれるのかも。
タグ:阿蘇 熊本
posted by ヨーコ at 13:20| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬の草千里@熊本

643.jpg

青々としていた芝の色は渋い茶色に。
草千里というより、渋千里だったけれど・・・・・・。

四季折々の景色が目で楽しめる自然ってほんといいですね。
posted by ヨーコ at 12:20| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阿蘇クリスマスバルーンフェスティバル@熊本

雲海を堪能し、宿に帰って朝食を済ませた後、
たぶん飛行は中止だろうけれど一応また会場を見に行ってみようかと。

639.jpg
会場にいくと阿蘇五岳をバックに気球が飛んでた!!
しかもめっちゃ遠い・・・いつのまにやら彼方へ。

佐賀バルーンは交通渋滞がすごかったので、飛び立つ瞬間を楽しみましたが
もしかしたら車でおっかけることができるかも?!ということで
気球のあるほうへ車を飛ばしました。

640.jpg

畑の広がる広い場所にいくつもの気球が飛んでいました。
どうやら競技飛行中らしく、畑の中になにやら印がついていて
そこにそれぞれ何かを投げ込んで印に近いほど点数が高いというものらしいです。

飛んでいる気球を近くで見られるなんて(☆∀☆)キラリン

642.jpg
風向きをよみながらゆっくりと空を移動している気球。

641.jpg
外輪山をバックに飛んでる絵がとっても印象的でした〜。

タグ:阿蘇 熊本
posted by ヨーコ at 10:20| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大観峰の雲海@熊本

雲海ツアーのお兄さんの話を思い出して、
この天気では気球は上がらないと判断して車で約15分の大観峰へ。

大観峰は阿蘇の外輪山の中で最も高い場所で阿蘇5岳を一望できる素敵な場所。

車で上がっていく途中ずーっと霧だったのに、途中でぱっと視界が晴れ
霧がなくなった。
太陽がでてきたから、霧がなくなってしまったのかも・・・・・。
雲海見れないかな・・・凹みつつ。
密かな期待を抱いて大観峰へ。

637.jpg

うっすら白く路面に雪?のようなものがありました。
空はまったく雲ひとつなく視界も良好。
さっきまで霧につつまれていたあの風景はなんだったのかというくらいの
快晴です。

朝早いというのに、何人か人がこられていました。
そこでみんなが観てたのは

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

636.jpg

雲海でしたヽ(´ー`)ノ
ふわっふわの雲の上に涅槃像。
もうちょっと早く着ていれば、もっとフワフワのがみれたのかも・・・。
目の前に広がる、神秘的な自然の光景にしばし感動。

以前雲海のツアコンをしていたお兄さんの話どおりヽ(´ー`)ノ

下には真っ白いふわふわの雲。

638.jpg

ものすごく幻想的で綺麗でした〜
posted by ヨーコ at 07:20| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早朝・・・・@熊本

この日も早朝からバルーンの競技がある予定だったのですが、、、

630.jpg

ものすごい霧がでていて、これでは競技ないんでは・・・・・と
昨日の昼間に引き続き中止かぁ・・・と思いながらも会場へ行ってみました。

631.jpg

会場につくと、、、凍ってる・・・・・・・。

632.jpg

霜すごいよーー!!めっちゃ寒いし!

633.jpg

時折人が様子をみにくるも、、会場はいたって静か・・・・
この天気じゃ競技はないよね・・・と落胆するも。

雲海ツアーで教えてもらったことを思い出したのでした!
「気温がぐっと下がって街中が霧につつまれたときに雲海が見れる・・・」

以前は残念ながら霧がほとんど晴れちゃって見られなかったけれど、、
今日はどうやろ??

内牧から大観峰へは車で15分ほど。
小さな期待を胸に会場を後にして大観峰へ向かってみました。

タグ:熊本 阿蘇
posted by ヨーコ at 07:00| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

阿蘇クリスマスバルーンフェスティバル@熊本

夜8時からはバルーンイリュージョンがはじまるということで夕食を食べた後
会場へ向かいました。
http://www.aso.ne.jp/~balloon/pc/

外に出るとほんっと寒くって、つま先から凍りつくような寒さ。

625.jpg
気球の準備も始まっていて、少しづつ膨らんでいく様子を見ました♪

626.jpg

音楽にあわせて点火、色とりどりのバルーンが真っ暗な夜を明るく灯します。
曲はもちろん、クリスマスにちなんだセレクト♪

627.jpg

めっちゃ寒かったけれど、
佐賀バルーンの時は渋滞に引っかかって見れなかったので
見れてとっても嬉しかったです♪
こんなに綺麗だとは思いませんでした。

628.jpg

一番手前の陶都有田と書いてある気球にはサンタさんが乗ってましたヽ(´ー`)ノ
冬の夜空に花火が打ちあがってすっごく素敵なちょっと早いクリスマス♪
一番最後一斉に撃ちあがった花火の音が外輪山にこだまして
なんともいえない音が広がっていったのがとても印象的でした。

629.jpg

帰り道にはあのランタンが暗い夜道の足元を照らしてくれました。
以前きたときの雲海ツアーも何から何まで地元の方の協力もさることながら
とっても素敵なイベントでしたが、
今回もほんと素敵なイベントでしたヽ(´ー`)ノ

タグ:熊本 阿蘇
posted by ヨーコ at 21:40| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内牧荘@熊本

今回泊まったのは「内牧荘」の1日5組限定プランです。
http://www.uchinomakionsen.com/

バルーンの会場にも近くて車ですぐいける距離でした。

624.jpg

夕食はめっちゃ美味しい天草大王(地鶏)や馬刺しを堪能しました♪
いっぱい食べたぁ〜
posted by ヨーコ at 18:40| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阿蘇バルーンフェスティバル@熊本

佐賀のバルーンフェスティバルを初めて体験してとっても感動したので
またどこかで見られるといいなーと思っていたら
ちょうど阿蘇で開催されるということでいってみることにしましたヽ(´ー`)ノ

619.jpg

すっかり、冬の気配を見せる外輪山。
山の上はすっかり茶色になってました。

620.jpg

会場につくと、ロバにのったウエスタン風サンタさん登場。

621.jpg

競技が始まる時間についたのだけれど、強風の為、競技中止。。。
残念。。。
夜のバルーンイリュージョンの開催は夕方6時に決まるとのことで、
それまで内牧界隈を散策することにしました。
ステージ上で司会をしているお兄さんは、
以前雲海ツアーの時にツアコンをされていた方でした。

その時は残念ながら、雲海は見ることができなかったけれど
オススメのお店等いろいろ教えて頂いたのが
すっごく役立ちましたヽ(´ー`)ノありがとーお兄さん!

散策している途中、道にはランタンが置かれてました。
夜道は真っ暗になるから、温かいランタンの灯はとても心地よいはず。

622.jpg

歩いてると「大津酒造」という造り酒屋さんをみつけましたヽ(´ー`)ノ
「神の杉」という名前の清酒を製造されているところです。
http://www.ohtsu-syuzou.co.jp/

日本酒にしては度数の高い19度、少し試飲をしただけで、温まりました。
他にも、福岡で作られてるめずらしい黒米の甘酒もあり、
日本酒と甘酒と2本買ってしまいました♪
九州といえば、焼酎の方が有名なので
関西では九州の日本酒はあまり扱ってないんで珍しいんですよ。
(兵庫・京都・奈良・滋賀の日本酒が有名なので関西ということもあってお店においてある事が多いのですが)

まだ有田で買った「東一」空けてないけれど。ゆっくりこれから味わいます♪
posted by ヨーコ at 16:30| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桂花ラーメン@熊本

お買い物先の靴屋さんで昼ごはんにとオススメされたラーメンやさんは
「桂花ラーメン」
http://keika-raumen.co.jp/

618.jpg

この周辺の道の名前が「銀座通り」とか、、、ずばり夜のお店しか並んでなくて(苦笑

1970年代を彷彿とさせる色使いのお店。
九州のラーメンといえばほとんど豚骨が多いのに、
ここのはさっぱりした醤油ベース。
さらっとした味がとっても美味しかったです♪

ネットで後で調べたら、京都の拉麺小路にあるそうな。
近場でまたあの味が食べれるならちょっと嬉しいので、
なかなかJR京都駅では降りることないけれど
機会があればいってみたいと思います。

posted by ヨーコ at 13:30| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

長崎くんち@長崎

今年のメインは鯨の潮吹き!!

382.jpg
ちょうど長崎についたとき、諏訪神社で鯨の潮吹きが行われていましたヽ(´ー`)ノ

階段上の桟敷席は有料、、すでに満員そうだったので階段下で見ることに。
独特な太鼓のリズムと掛け声。吹き上がる水に拍手と喝采。
何度もアンコールに答えてすごい盛り上がりでした。

383.jpg
思っても見なかったことに、終わったあとは階段下へ降りてきましたヽ(´ー`)ノ
近くで鯨さんをみられるとは♪

384.jpg
そのまま鳥居の前まで降りていって庭先回りへ出発したのでした。

385.jpg
お神輿がお旅所から諏訪神社へ戻ります。

386.jpg
長崎らしいですね。

387.jpg
この間も、ほかの場所では庭先回りが行われています。
ちょうどぶらぶら節の本踊と遭遇。
お店の前で本踊りを披露しながら回っていきます。

長崎くんちといえば、龍のイメージが強かったんですが鯨の出し物もあるんですね。
今年は丸山町も本踊りで参加されていて、芸妓さん衆が踊りを披露されていましたよ。
posted by ヨーコ at 21:30| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

展海峰とコスモス@長崎

344.jpg
佐世保にある展海峰は目の前に小さな島々が点在する九十九島が広がる絶景の場所。

341.jpg
秋には15万本のコスモスが開花します。
いったときはまだ3分咲きくらい。

342.jpg
(使用カメラ:Lomo fish eye 使用フィルム:konica minolta jx400)
ちょうど太陽が高く上っている時間。
海の風にコスモスが揺られてました。

343.jpg
(使用カメラ:Lomo smena8m 使用フィルム:fuji color superia 100)
スメハチらしい色合いで撮れたお気に入りの一枚。

posted by ヨーコ at 20:50| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐世保・九十九島@長崎

石岳展望台からぐるりと眺めました。

339.jpg
(使用カメラ:Lomo smena8M 使用フィルム:fuji color superia100)
ここ、ラストサムライの映画のワンシーンで夕日の撮影に使われたそうですよ。
パネルが置いてありました。

340.jpg
ぐるっとパノラマ〜〜〜。
3枚の写真を、なんとか張り合わせてみました。
(雲の位置は風で急激に移動しちゃうのでちょっとずれてます)
展望台からみた景色です。

分厚い雲の陰が小さな島に映ったり、
風が強いので空の表情が変わるのが速くて一瞬にして雲がなくなったり。
こういう景色は見ていて飽きませんね。

いいお天気に恵まれてよかったです♪


posted by ヨーコ at 20:45| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

唐津の大雨@佐賀

川島豆腐店を出て車に向かうまで駅前は雨は降っておらず、
山間に暗い雲が漂っていました。

雨はだんだん激しくなってきて、松浦川の水位もかなり高くなってきていて
まだ台風きてないのにすごい雨やなぁ。という軽い認識しかありませんでした。

武雄に戻る際、先の車がどんどんUターンしてくるので何でだろう?と思ったら
その先は冠水していて、通行止めになっており、
やむを得ず別の道を探しにUターンすることに。
この当たりで、いやな予感がしました。

306.jpg
再度横道にそれようとしたときにそこは橋の下の下り坂。
大きな水溜りになっていて、前にいた車はブレーキがきかなかったのか
そのまま水溜りの中に突っ込んでいきました。
(前半分、車の屋根の上まで泥水に使ってました)
もし気がつかなかったらそのまま、自分たちも前の車にぶつかって水の中に入ってたかもしれない・・・と思うと背中がぞっとしました。
通行止めの標識がくる寸前に起きたことでした。
すぐそばにパトカーが来ていたので、事故が起きた事を告げ、
なんとか車は大きな水溜りから脱出できたようです。

307.jpg
他のまわり道を探そうと、地図をみながら道を探ってみると
外は避難のサイレンがずっと鳴り響いていました。
道路は冠水。。。その先は山から水が流れてきていてまたも通行止め。
前の車がUターンしているので同じくまた引き返すことに。

道路のガードレールの下は水が迫ってきていてビニールハウスの
屋根の上しかみえず、電信柱の半分まで水に浸かっていました。
もう他には道がなく、水もどんどん迫ってきているので高台へ移動。
最初のUターンしてしまったあの道路へ戻ることに。
長い車の列ができていて、連れが先頭部分にいる警備員の人に
話を聞きに行ったところ唐津の道路はすべて閉鎖されていて、
福岡へ行く有料道路のみ機能しているとのこと・・・。
しばらく水が引くことを祈って待つことに。

308.jpg
その後、道路の水も引き、やっと動き出しました。
その先の松浦川を挟んで対岸は土砂崩れを起こしていたらしく、
倒木が道をふさいで電柱を巻き込んでいたり
畑には濁流が流れ込んでいました・・・。

309.jpg
そして、その少し先で、大きな土砂崩れ…。
この反対側の道、行こうとしていて通行止めになっていた場所でした。
こんなことになってるとは思ってもみませんでした。

知らない土地で、災害にあってもどうしていいのかほんとわからなくて、
焦りと不安で判断が鈍りました。
ラジオをずっときいてたけれど情報は得られないし、
本当に局地的な雨だったことを戻ってニュースを見て知りました。
災害に遭われた方々の一日も早い復興をお祈りしています。

※この内容を掲載するかどうか当初迷いましたが、
もっと多くの人に災害の被害の様子・状況を知ってもらうために、
掲載することにしました。
タグ:唐津 大雨 佐賀
posted by ヨーコ at 21:50| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。