2005年10月10日

長崎街道・塩田宿@佐賀

長崎街道にある塩田宿。
かつて宿場町として栄えた場所です。この街を保存しようと町の人が立ち上がり、
白壁作りの町並みを守りました。
近くには和泉式部ゆかりの場所もあります。

012.jpg
町の入り口では、えべっさんが迎えてくれます。

013.jpg
レトロな町。風情漂う、静かな場所です。

014.jpg
アンティークショップの傍らにありました。これなんだろう。。。

015.jpg
ところどころに、えべっさんがいます。道祖神なのかな??

016.jpg
杉光家住宅(国指定有形登録文化財)、今は陶磁器の卸やさんを営んでいます。
店内にもたくさんの陶磁器が並んでいます。
ここのご主人さんに町について色々お話を伺うことができました。
本当に立派な家で、感動しましたですよ。

017.jpg
隣接する西岡家住宅(国指定重要文化財)。
開放している日があるそうなのですが、この日は残念ながら休日でした。

018.jpg
レトロな消火栓。

019.jpg
町の電線が見えないように工夫されています。
地中に埋めず、家の後ろ側に電線が通っているそうです。

逸口香と呼ばれるお菓子は、ここが特産だそうです。
唐の国から伝わったその胡麻のお菓子で、外見は大きめですが、中身は空っぽ。
空洞になっています。このことから、誤魔化し(胡麻菓子)の語源とも言われています。




ラベル:佐賀
posted by ヨーコ at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。