2006年12月30日

新世界国際劇場@大阪

軍艦アパートからまっすぐに通りを歩いて動物園前まで到着。
しばらくあるいて空を見上げると、通天閣のお膝元なのがわかる。

661.jpg

天王寺動物園の高架沿いにある新世界国際劇場。
丸窓のある印象的なモダンな建物。
建物の角で昼間から酒盛りしてるおじさんに、

「わしゃこんなんやから、仕事が見つからん、めぐんでくれや」
と言われる・・・・(−−)))))))))
呂律もまわらないくらいにぐだぐだ。

「昼間っから酒、飲んどらんと仕事しなはれ。。。。。」と心に思いつつ。
恵んだ金はすべておっさんの酒に変わってしまうのが定説である・・・。

以前、阿波座の会社で働いていた時、
公園でベンチに座って休憩をしていたら話しかけてきた
すっごい働き者のおじさんがいた。
体に障害を負っているので普通の仕事はみつからない、、、
空き缶を集めたりダンボールを集めて生活をしている。

「元気な時にたくさん仕事して、お金ためとかんとあかんで」

とっても心に染みた言葉です。
そのおじさんに言ってやりたかった。

662.jpg

新世界国際劇場は、その昔、南陽歌舞場という名前の芝居小屋だったそうで
この辺りの芸妓衆をまとめていた場所らしい。

今ではポルノ映画館ですが・・・。

1903年(明治36年)内国勧業博覧会が新世界で開催され、
その後、跡地を有効利用しようということで
映画館や芝居小屋がたくさん建ったそうです。

ちなみに当時の通天閣は、パリのエッフェル塔を模したもの?だったとか。
今では立て替えられて大阪のシンボルですが、
初代の写真をみるとびっくりするくらい、モダンでお洒落な塔でした。

写真は、新世界のジャンジャン横丁でみられますよ♪


posted by ヨーコ at 18:38| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | レトロ建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。映画館の事ですが、普通の洋画もやってますヨ。
洋画3本で1000円で、頑張ってらっしゃいます。
作品も、いいですよ。たぶん、映画好きの人が、
考えて選んでらっしゃるのだと、思います。
外から見ると、ちょっと入りずらいけど、ポルノは地下で、洋画は1階。
中は、普通です。
トイレは両端にあって、女の人は左。映画を見る所から行くのが、珍しいです。
女の人は、朝から行くのが、おすすめです。
Posted by 映画大阪 at 2012年05月02日 03:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31916175

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。