2006年10月21日

紫織庵@京都

405.jpg
京都市指定有形文化財の紫織庵。
近代建築で有名な武田五一の設計によるもの。
(先に紹介した清水のゆどうふ順正も同じです)

詳しくはこちらで↓
http://www.shiorian.com/

現在は、長襦袢やさんとしても有名で、
江戸末期から大正、昭和初期にかけて収集されたさまざまな柄の長襦袢も
展示されています。

406.jpg
1階客間は洋風な作り。
旧帝国ホテルと同様の外壁の石灰岩とタイルが貼られているそうです。
この上には祇園祭に鉾を見るためにたてられた鉾見台があります。
(鉾町のすぐそばなのですよ)
年に1度の遊びのために作っちゃうなんて!贅沢すぎます。。。。

414.jpg
天井のシャンデリアも素敵でしたヽ(´ー`)ノ

407.jpg
この隣には茶室があります。(上坂浅次郎が手がけた茶室)

408.jpg
1階の庭園と廊下。
波打ちガラスは建築当時からのものだそうです。

409.jpg
2階サロン
広いサロンにはピアノが置かれていて、ゆっくりくつろげる場所になっていました。

レトロで奥深い建物、ゆっくりとくつろいで時間を楽しむ事ができました。




posted by ヨーコ at 20:20| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レトロ建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。