2006年09月16日

唐津の大雨@佐賀

川島豆腐店を出て車に向かうまで駅前は雨は降っておらず、
山間に暗い雲が漂っていました。

雨はだんだん激しくなってきて、松浦川の水位もかなり高くなってきていて
まだ台風きてないのにすごい雨やなぁ。という軽い認識しかありませんでした。

武雄に戻る際、先の車がどんどんUターンしてくるので何でだろう?と思ったら
その先は冠水していて、通行止めになっており、
やむを得ず別の道を探しにUターンすることに。
この当たりで、いやな予感がしました。

306.jpg
再度横道にそれようとしたときにそこは橋の下の下り坂。
大きな水溜りになっていて、前にいた車はブレーキがきかなかったのか
そのまま水溜りの中に突っ込んでいきました。
(前半分、車の屋根の上まで泥水に使ってました)
もし気がつかなかったらそのまま、自分たちも前の車にぶつかって水の中に入ってたかもしれない・・・と思うと背中がぞっとしました。
通行止めの標識がくる寸前に起きたことでした。
すぐそばにパトカーが来ていたので、事故が起きた事を告げ、
なんとか車は大きな水溜りから脱出できたようです。

307.jpg
他のまわり道を探そうと、地図をみながら道を探ってみると
外は避難のサイレンがずっと鳴り響いていました。
道路は冠水。。。その先は山から水が流れてきていてまたも通行止め。
前の車がUターンしているので同じくまた引き返すことに。

道路のガードレールの下は水が迫ってきていてビニールハウスの
屋根の上しかみえず、電信柱の半分まで水に浸かっていました。
もう他には道がなく、水もどんどん迫ってきているので高台へ移動。
最初のUターンしてしまったあの道路へ戻ることに。
長い車の列ができていて、連れが先頭部分にいる警備員の人に
話を聞きに行ったところ唐津の道路はすべて閉鎖されていて、
福岡へ行く有料道路のみ機能しているとのこと・・・。
しばらく水が引くことを祈って待つことに。

308.jpg
その後、道路の水も引き、やっと動き出しました。
その先の松浦川を挟んで対岸は土砂崩れを起こしていたらしく、
倒木が道をふさいで電柱を巻き込んでいたり
畑には濁流が流れ込んでいました・・・。

309.jpg
そして、その少し先で、大きな土砂崩れ…。
この反対側の道、行こうとしていて通行止めになっていた場所でした。
こんなことになってるとは思ってもみませんでした。

知らない土地で、災害にあってもどうしていいのかほんとわからなくて、
焦りと不安で判断が鈍りました。
ラジオをずっときいてたけれど情報は得られないし、
本当に局地的な雨だったことを戻ってニュースを見て知りました。
災害に遭われた方々の一日も早い復興をお祈りしています。

※この内容を掲載するかどうか当初迷いましたが、
もっと多くの人に災害の被害の様子・状況を知ってもらうために、
掲載することにしました。


ラベル:唐津 大雨 佐賀
posted by ヨーコ at 21:50| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。