2006年08月13日

トトロのいるバス停@大分

「トトロのバス停が大分にあるんだよ。」と連れがいうので
次の目的地、宮崎へ行く途中にちょっと寄り道をしました。

土砂降りの雨の中、傘を持っていないお父さんを待つために
バス停でメイとサツキがバスを待っているのですが
疲れて眠ってしまう妹のメイ。
そんなメイを背負って父親を待ち続ける姉のサツキ。
このシーンのこの姉妹のやりとりが結構好きだったりします。

車道を走っていると看板があらわれて「トトロのバス停はこちら」という標識を発見。
本物のトトロにあえるんじゃないかと、この年齢でドキドキしちゃいましたヽ(´ー`)ノ
道なりにすすんでいくと、小さな集落があり「ととろ」と書いてあるバス停を見つけることができました。

265.jpg

映画どおりの雰囲気のこじんまりした佇まいのバス停には大きなトトロがいて「猫バスの停まる里」と書かれています。
どこかの誰かわからないけれど、突然このトトロが置かれたそうです。
(ベニヤ板で作られたものですが本物そっくり)

時折、家族連れの方が車でこられて記念撮影されていました。

ちょっと離れて写真を撮ろうとしたら、田んぼのすぐそばに
これまた、どこかの誰かわからない人が置いていった小さなトトロのぬいぐるみがありました。
トトロのしわざかな〜?

このバス停から少し奥まったところへいくと「トトロの森」があります。
とても自然豊かなところで、綺麗な川が流れていて木の枝にはここに訪れた人のメッセージが書かれた小さなトトロがたくさんいました。

ほのぼのとした雰囲気の場所で、もともとは観光地ではないのですが
地元の方が外から訪れる人がいるので
周辺をきっちりと整備されているようです。(駐車場やトイレもありました)

近年このバス停の看板が剥ぎ取られたり、バス停に落書きがされたり・・・
そのたびに、地元の方が何度も直されているようです。
訪れる側もマナーは守り、これからも素敵な場所であって欲しいと思います。






posted by ヨーコ at 22:35| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「となりの轟(ととろ)」
Excerpt: 大分県佐伯市―。「平成の大合併」によって(面積が)九州最大の都市となった大分県南部の町だが、この佐伯市の西部、宮崎県と境を接する傾山の麓に「ととろ」なるバス停がある。先日、テレビで『となりのトトロ』が..
Weblog: Magicworkshop
Tracked: 2006-10-18 00:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。