2006年05月06日

大歩危・小歩危@徳島

足場の石の間隔が狭く大股で歩いては危ない大歩危、
足場の石の間隔が広く小股で歩いては危ない小歩危

というところから、大歩危・小歩危と呼ばれるようになったそうです。
ここの川の水は川の底まで透き通るとてもきれいな透明のグリーン。
そして緑の岩肌が特徴です。

175.jpg

こどもの日の翌日だったため、川岸にはたくさんの鯉のぼりが泳いでました。

176.jpg
かずら橋と琵琶の滝
景色はとても絶景だけれどこの写真をとってる場所も結構ゆれてて私は怖かったのですよ・・・

178.jpg
足元をみると、木と木の間は自分の足と同じ大きさくらい。。。
踏み外したらずぼっとはまっちゃうくらいありました。
人が多いとかなり揺れるときいてたけれど、ちょうどタイミング悪く
団体客と一緒に渡ることに。。。_| ̄|○

ゆれるゆれる。。。。もう、無理!っていくらいの恐怖を1歩1歩踏みしめながらわたりきった時はしばらく心臓のドキドキが止まりませんでした。
写真撮る暇もなかったです・・・・

177.jpg
かずら橋の下の川へ降りてみました。
大きな岩がごつごつ。これが大歩危・小歩危の由来なんですね。
水はとても澄んでて綺麗。しばし川の流れをゆっくりみて楽しみました。

179.jpg
エメラルドグリーンの川の色。ほんと綺麗でしたヽ(´ー`)ノ



高いところはめっきり弱い私でも勇気を出してかずら橋を渡りました。
posted by ヨーコ at 20:54| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。