2006年05月05日

日本一の大杉・大豊@高知

高知から徳島の祖谷へ行く途中にある日本一の大杉
たまたま、道の駅で休憩したときに目に入った看板を見ていってみることに。
入場料200円(協力金)とのことでいってみると、今までみたことのない大迫力の大きな杉の木が立っていました。


172.jpg

推定樹齢3000年、二株の大杉は根元で含意しているので、別名、夫婦杉とも呼ばれています。それぞれ、南大杉・北大杉と名前がついています。
南大杉は根元の周囲が約20メートル、樹高が約60メートル
北大杉は根元の周囲が約16.5メートル樹高が約57メートル
昭和27年に国の特別天然記念物に指定されたそうです。


佐賀県武雄市にある川古の大楠とは違う迫力でした。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、
この大杉の1本の枝の太さが一般的な杉の木の太さだと思います・・・。






posted by ヨーコ at 22:26| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。