2006年10月16日

昨晩は天狗まつりにいってきました@大阪

10/15・16は聖天宮西江寺の天狗まつりがあります。
駅から滝道へ向かって5分ほどにした所にある奈良時代に役の行者によって建立された古いお寺。
神仏混合の時代のものなのでお寺なのに鳥居があります。

teng.jpg

お祭りは天狗のお面をつけた男性にささらとよばれる笹でできた棒で叩かれるといろいろご利益があるというもの。

天狗の役の人は酒が入ってるので容赦なく、叩かれるとめっちゃ痛いです・・・。
奈良時代にこの祭の原型ができ、江戸時代に今の形になったそうです。

会社帰りに屋台をちらっとみて寄り道して帰る予定だったのですが
天狗に2回もお尻を叩かれて家につくまでヒリヒリでした・・・。

posted by ヨーコ at 23:09| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 箕面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夏の蛍といい、秋の天狗祭りといい
知らないことばかりです。
箕面は奥が深い・・・・・。
Posted by 無明 at 2006年10月17日 21:30
>>無明さん
大阪市内とは違ってたくさん自然がありますよ♪小学生の頃はカブトムシやクワガタムシを山へとりにいかなくても家の前にいました。
国定公園内にある瀧安寺は、宝くじ発祥の地でお正月には昔ながらの「富くじ」が行われたり、11月7日にはたくさんの山伏の方が集まって大護摩が行われます。
もうすぐ紅葉の季節、滝の紅葉が真っ赤に染まるのが楽しみです。
Posted by ヨーコ at 2006年10月18日 10:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22802670

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。