2007年03月25日

京都・五条楽園へ。

夜は五条楽園歌舞練場で行われる会合へ行ってきました。

五条楽園は知る日とぞ知る、、、夜の街。

最近では周辺に、有名なカフェができたりして、
街の雰囲気もかわりつつあるのですが、
芸妓さんも高齢化しており、
五条楽園歌舞練場はほとんど使われなくなったことから
現在では一般の人でも安価で借りる事ができるようになったそうで
さまざまな催しに使用されています。

909.jpg

初めて行くその場所は一見するとわかりにくく、大通りから目をそらした一瞬、看板を見つけました。

910.jpg

路地を入っていくと、昔はここも営業していたのであろう廃屋があります。
ピンク色の豆タイルがなんとも艶やか。

911.jpg

町の中には豆タイルをあしらったこのような建物が残っています。
昔はたくさんいた豆タイルの職人さんも今ではほとんどいなくなってしまっており、大変貴重なものです。

914.jpg

洋風の建物、側面の外壁には素敵なアールデコ調のステンドグラスが施してあります。

912.jpg

ガラスも割れずに残っているなんて、、、
近代建築好きには、たまらない建物でした。

913.jpg

五条楽園楽園歌舞練場は大正4(1915)年に建てられたという風情あふれる木造建築。
今日の会合の場所です。

926.jpg

仲へ入るとステージがあります。
畳敷きの観客席は、座布団をひいて寛げる70人くらい入れそうでした。

915.jpg

舞台向かって左側には緋毛氈が敷いてあり、
謡や三味線を演奏するスペースがあります。

916.jpg

提灯には五条楽園の紋が入っていて、
緋毛氈といい、艶やかな雰囲気です。

917.jpg

舞台には松の絵の背景もありました。
かつてはここで芸妓さんのおどりもあったんでしょうねぇ。。。

924.jpg

畳敷きの観客席にあった、キセル用の灰皿。
六古女紅場と書いてありました。
女紅場→女性の職業訓練校でここでは芸妓さんになるための勉強を行っていた場所だと思います。(八坂女紅場学園は有名ですよね)

918.jpg

舞台脇には役者さん?や芸妓さん達が舞台へ上がるための
細い廊下がありました。

920.jpg

今では使われなくなった、鳴物も置いてあったり。。。

921.jpg

ロビーには革張りのソファー。

922.jpg

3階には「鳴物教室」がありました。

923.jpg

歌舞練場では今でも、芸妓さんの三味線等の稽古が行われているそうです。
今でもここが使われているのかはわかりませんが、
五線の引いてある黒板がありました。

今回はこういった遊郭・遊里史についての会合で、
五条楽園の組合長さんに貴重なお話をうかがうことができました。

928.jpg

今まで家業として行っていたお茶屋も、
一時期と違って、客足も遠のき、
3分の2が後継者不足に悩まされつつある現状だそうです。。。
芸を売るが身は売らないという芸妓とは違うし。。。
あらゆる風俗が世の中に蔓延し趣味趣向もそれぞれ異なり
この文化もまもなく衰退していくんでしょうね。。

古い建築物好きの私としては、
このままこの場所が消えていくのはとても忍びないと思いつつ。
その背景も色々考えると、やはり存続は厳しいのか、、とセツナクなってしまいました。

927.jpg

帰りにも、少し散策してみました。
明かりのついた、古い木造建築の建物に
着物を着た女性が入っていくのをちらりと横目にみつつ。。

女が一人で歩くような場所ではないんですが、
丸窓のステンドグラスのある素敵な建物は
今ではSOHO向けのレンタルスペースとなっているそうです。(2008年現在)




ラベル:京都
posted by ヨーコ at 23:10| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | レトロ建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キター!!
待ってました、ずっとずっとそりゃあ永い間・・・
歌舞練場の中にも入られたのですね。すごい。
雰囲気の伝わってくる写真にゾクゾクしました。

あそこいら一帯て、本当に独特ですよね。
妙にしんとしていて、じっとりと艶な感じ。

茶屋の中にも入ってみたいのですが・・さすがにそれは。

当時が偲ばれるカフェー調のタイルの建物や丸窓に、浮き世離れした、なんとも言いがたいものを感じます。
きっとヨーコさんなら私の言わんとすることをわかってくれるのではないでしょうか。
ミステリーゾーン五條楽園バンザイ〜
Posted by ちえじい at 2008年06月30日 23:05
>>ちえじいさん
お待たせしました〜〜〜〜〜〜〜

ってこりゃほんとに、待たせすぎで申し訳ない(汗))))

歌舞練場は今レンタルされているので、会合とかで使えるようになっているみたいです♪

この独特な空間がなんともいえないんですよね。
憧れの時代にタイムスリップしたかのようななんともいえないゾクゾクっとする感覚。
ちえじいさんの思いすごくわかります!



Posted by ヨーコ at 2008年07月07日 21:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。