2007年03月25日

京都・五条楽園へ。

夜は五条楽園歌舞練場で行われる会合へ行ってきました。

五条楽園は知る日とぞ知る、、、夜の街。

最近では周辺に、有名なカフェができたりして、
街の雰囲気もかわりつつあるのですが、
芸妓さんも高齢化しており、
五条楽園歌舞練場はほとんど使われなくなったことから
現在では一般の人でも安価で借りる事ができるようになったそうで
さまざまな催しに使用されています。

909.jpg

初めて行くその場所は一見するとわかりにくく、大通りから目をそらした一瞬、看板を見つけました。

910.jpg

路地を入っていくと、昔はここも営業していたのであろう廃屋があります。
ピンク色の豆タイルがなんとも艶やか。

911.jpg

町の中には豆タイルをあしらったこのような建物が残っています。
昔はたくさんいた豆タイルの職人さんも今ではほとんどいなくなってしまっており、大変貴重なものです。

914.jpg

洋風の建物、側面の外壁には素敵なアールデコ調のステンドグラスが施してあります。

912.jpg

ガラスも割れずに残っているなんて、、、
近代建築好きには、たまらない建物でした。

913.jpg

五条楽園楽園歌舞練場は大正4(1915)年に建てられたという風情あふれる木造建築。
今日の会合の場所です。

926.jpg

仲へ入るとステージがあります。
畳敷きの観客席は、座布団をひいて寛げる70人くらい入れそうでした。

915.jpg

舞台向かって左側には緋毛氈が敷いてあり、
謡や三味線を演奏するスペースがあります。

916.jpg

提灯には五条楽園の紋が入っていて、
緋毛氈といい、艶やかな雰囲気です。

917.jpg

舞台には松の絵の背景もありました。
かつてはここで芸妓さんのおどりもあったんでしょうねぇ。。。

924.jpg

畳敷きの観客席にあった、キセル用の灰皿。
六古女紅場と書いてありました。
女紅場→女性の職業訓練校でここでは芸妓さんになるための勉強を行っていた場所だと思います。(八坂女紅場学園は有名ですよね)

918.jpg

舞台脇には役者さん?や芸妓さん達が舞台へ上がるための
細い廊下がありました。

920.jpg

今では使われなくなった、鳴物も置いてあったり。。。

921.jpg

ロビーには革張りのソファー。

922.jpg

3階には「鳴物教室」がありました。

923.jpg

歌舞練場では今でも、芸妓さんの三味線等の稽古が行われているそうです。
今でもここが使われているのかはわかりませんが、
五線の引いてある黒板がありました。

今回はこういった遊郭・遊里史についての会合で、
五条楽園の組合長さんに貴重なお話をうかがうことができました。

928.jpg

今まで家業として行っていたお茶屋も、
一時期と違って、客足も遠のき、
3分の2が後継者不足に悩まされつつある現状だそうです。。。
芸を売るが身は売らないという芸妓とは違うし。。。
あらゆる風俗が世の中に蔓延し趣味趣向もそれぞれ異なり
この文化もまもなく衰退していくんでしょうね。。

古い建築物好きの私としては、
このままこの場所が消えていくのはとても忍びないと思いつつ。
その背景も色々考えると、やはり存続は厳しいのか、、とセツナクなってしまいました。

927.jpg

帰りにも、少し散策してみました。
明かりのついた、古い木造建築の建物に
着物を着た女性が入っていくのをちらりと横目にみつつ。。

女が一人で歩くような場所ではないんですが、
丸窓のステンドグラスのある素敵な建物は
今ではSOHO向けのレンタルスペースとなっているそうです。(2008年現在)




ラベル:京都
posted by ヨーコ at 23:10| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | レトロ建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

太陽の塔内覧会@大阪

以前に一度見に行った事のある、太陽の塔の内部ですが
平成19年3月31日(土)をもって見学が一度終了になってしまうとの情報で、たまたま友人が申し込んでいた枠に空きが出たので、
見に行く事に。

exclamation太陽の塔内部公開の終了について


876.jpg

万博公園内は、わずかばかりですが花も咲いていて春の予感を感じます。

878.jpg

ちょうど、梅も見ごろで「梅まつり」が開催されていたり。

877.jpg

太陽の塔を眺めながら、梅も愛でながらなんともいえない風流な感じを楽しみつつ

民博(国立民族学博物館)で行われる講演時間が差し迫っていたので
急いで民博へ。


エキスポランドや万博公園へはよくきていたけれど、
民博にくるのはなんと初めての私です。

噂には聞いていたけれど建物のデザインに圧倒されました。
ちなみに建築デザインをしたのは、あの黒川紀章氏。
講演時間が差し迫っていたので、
あまりゆっくり建物をみる時間はなかったけれど
何かの衝撃を受けたような、斬新さを感じました。

講演内容は、民族学の観点からの宗教について。
とても興味深いお話を聞いたあとは、内覧会へ。

879.jpg

今日の着物コーデは、アンティークの銘仙です。

右の写真は、なんと太陽の塔の入り口〜〜〜。
ここから先は写真撮影禁止ということなのでここまで。。ですが。

内部の方は、以前来たときよりもさらに、、、劣化していました・・・
最近、多くの人が見学に訪れているので、劣化が進んでいるとも。。

太陽の塔の中には、岡本太郎氏の「生命の樹」があります。
万博当時のビデオをみながらこの生命の樹についての説明や、
今は行方不明になってしまった、太陽の顔の話など。。。
当時の様子をみてみたり、生まれる前の出来事なので、みるものすべてが本当に新鮮でした。

生命の樹については、詳しくはこちら・・・で
http://www.1101.com/taro/index2.html

じっくりと生命の樹を見上げて、
今の自分に足りない何かを感じたり、考えなければならないことがふいに浮かんできました。
今回、2度目になるけれど内部に入って岡本太郎氏の強いメッセージを感じることができてよかったと思います。

太陽の塔の空間にいられる時間は30分ほどだったかな・・・

880.jpg

外にでて見上げると、すぐそこは太陽の塔の裏側。
こんなに近くで塔をみられることも、
もう滅多にないのかな。。。と思うとともに、
とても貴重な体験ができました。

また内覧会があったら、絶対見に行きたいです。
そのときの自分は、前回の自分よりも成長してもっと違った視点で
生命の樹を見る事ができるかもしれない。

ラベル:大阪 太陽の塔
posted by ヨーコ at 15:39| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | レトロ建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。