2006年11月25日

洛北を歩いて@京都

源光庵→吟松寺へ行って、その後、北野天満宮の「天神さん」へ行く予定にしていたのですが
源光庵のバス停まで戻るのにあの坂を上るのは鼻緒が切れてしまう(−−)))ということでそのまま下って金閣寺方面へ出ることに。

544.jpg

途中ほんと山の中で、ひとけがほんとになくて、大丈夫かなー?って
不安でしたが、杉の木立の奥に見える紅葉の色がすっごく綺麗でびっくり!

観光客の人や地元の人すらほとんど通らないひとけのない道。
この近くには城跡がありました。
(城跡と思われる石垣の周辺にもたくさんの紅葉がありました)

545.jpg

さらに、小川沿いに連なる紅葉ヽ(´ー`)ノ

546.jpg

やっと住宅街へ降りてきたところ、綺麗なグラデーションの紅葉にあえました。

この場所は「しょうざん」という染織メーカーが土地を買い取り、
光悦芸術村として、運営している場所だそうです。

http://www.shozan.co.jp/

ここでランチして、金閣寺周辺まで歩いて
MKタクシー捕まえて着物割引してもらい
北野天満宮の「天神さん」へ行きました。

もう夕方頃だったから店を閉じちゃってるところが多くてちょっぴり残念。
天神さんや弘法さんは、
朝からいかなきゃいいもの見つかりませんねぇ(汗

posted by ヨーコ at 21:30| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吟松寺の紅葉@京都

通常拝観のお寺ではないため、
そのお寺の存在を知る人がほとんどいない吟松寺は
京都の紅葉の寺の中でも穴場だと思います。ここへ訪れるのは2回目。

537.jpg

ひっそりと谷を降りたところにあるこのお寺。
外からみてもその素敵な紅葉を見ることができます。

536.jpg

苔の生えた塀の向こう側に真っ赤な紅葉の景色が広がっていました。

538.jpg

ひとけのない、静かなひっそりとした佇まいのお寺。
今回も、写真を撮りにこられている方が2,3人おられるだけでした。

539.jpg

観光客らしき人がいないので、本当に静かな場所です。

540.jpg

境内は真っ赤な紅葉で彩られていました。

541.jpg

通常拝観のお寺ではありませんが、庭園は自由に拝観できます。
この日は、誂えたばかりの椿の大島でお出かけヽ(´ー`)ノ

542.jpg

庭にあったこの紅葉がとても大きくて立派でした。

543.jpg

燃えるような色の紅葉でしたよ。
お寺の方がいつも一生懸命お庭を手入れされているそうです。



タグ:京都 紅葉
posted by ヨーコ at 21:25| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

光悦寺の紅葉@京都

源光庵の近くにある、光悦寺は徳川家康が本阿弥光悦に土地を与え
工芸職人等と移り住み芸術村を営んだ場所です。

534.jpg

入り口から見える紅葉のすばらしさもさることながら
人の多さにもびっくり。

見上げると赤や黄色につつまれた紅葉、足元をみると石畳と京都特有のきれいな苔の絨毯。

535.jpg

中には入らず、入り口の紅葉を楽しみました。
posted by ヨーコ at 21:20| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

曇り空@京都

533.jpg

分厚い雲が立ち込めていてあまり天気がよくなかった。
源光庵を出てみると雲の隙間から太陽が顔を出していました。
タグ:京都
posted by ヨーコ at 21:15| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

源光庵の血天井@京都

530.jpg

ここ源光庵の本道内にある天井は、伏見城の遺構。

有名な「血天井」京都に5箇所現存しています。

養源院(東山七条)
宝泉院(左京区大原)
正伝寺(北区西賀茂)
源光庵(北区鷹ケ峰)
興聖寺 (宇治市)

このうち大原にある宝泉院へは以前いったことがあるのですが
夜間ライトアップの時にいったので天井が少しどす黒いかな・・・・
ということくらいしかわかりませんでした。

531.jpg

豊臣秀吉によって創建された伏見城
慶長5年7月(1600年)、関ヶ原の戦いの前哨戦といわれる伏見城落城の際、
城を死守した徳川家康の忠臣・鳥居彦右衛門元忠一党 1800人余人が
石田三成の軍勢と交戦の末、約380人が自害したその痕跡・・・。

源光庵へ行ったときは明るい昼間。。
天井を見上げるとはっきりと手形が見え、生々しい血の跡がありました・・・。

532.jpg

板に染み込んだ血痕はどんなに拭いても消えなかったそうです・・・。
亡くなった武将の霊を慰めるため、伏見城の床板をお寺の建物の天井板としたそうです。
数百年たってもなお、、、なんともいえないこの雰囲気・・
当時は本当に、想像を絶する地獄絵図だったと思います。


posted by ヨーコ at 21:10| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

源光庵@京都

522.jpg

2年ほど前、紅葉の時期に行ったところ。。。
工事中のため入れなかったのですが
今年10月にやっと工事が終了し、
また拝観できるようになったとのことなのでさっそく行ってみましたヽ(´ー`)ノ

523.jpg

京都の北の方はちょうど紅葉もいい色合い。
オレンジ色に色づいた紅葉がとても綺麗でした。

524.jpg

源光庵はもともとは臨済宗の寺でしたがその後、改宗し現在は曹洞宗のお寺になっています。
庭の松もとっても立派でした。

525.jpg

中へ入ると、お香が炊かれていて、そばにお花が生けてありました。
縁側から眺める庭の紅葉がとてもいい感じに色付いていて
入り口から見えるその風景にドキドキしながら縁側へ行って
しばらく縁側に座って休憩。

526.jpg

源光庵といえば、有名なのがこの「悟りの窓」
この丸窓は「禅と円通」の心を表し、円は大宇宙を表現しているそうです。

この風景を見るためにに・・・2年待ちました・・・。

(画像小さくしたら畳にモアレが・・・・(´・ω・`)ショボーン・・・)

527.jpg

見る位置によってその風景も違ってきます・・・。
窓の外に見える風景をどんな風にみんな切り取っているんだろう?
ふと、頭の中をそんな事がよぎりました。

528.jpg

左は「悟りの窓」右は「迷いの窓」
角型の窓は「人間の生涯」を象徴し、生老病死の四苦八苦を表しているそうです。
とても奥深い意味に関心しながらも、、
この意味についてわかるようになるにはもうちょっと年数がかかりそうな私です・・・。
窓から見える紅葉は京都のイメージそのもの・・・。
この風景に2年越しでやっと出会えたことに嬉しかったり。


529.jpg

窓だけではなくて、庭園そのものもとても手入れが行き届いていて
計算されつくした風景はどの角度からみても楽しめました。

10月から拝観できるようになったことをあまり知らない人が多いのか
意外と人が少なくて、ゆっくり庭園を見ることができてよかったです。
posted by ヨーコ at 20:10| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

箕面ビジターセンターの紅葉@大阪

箕面の大滝からさらに1.5kmの山奥へ入ったところにある
箕面ビジターセンターにとっても綺麗な紅葉があると聞いたのでいってみることに。

滝から40分ほど歩いて到着。
入り口にはそれらしき紅葉は見当たらなかったのだけれど、
バーベキュー広場というところにいくと、ありましたヽ(´ー`)ノ

516.jpg

広場にぽつーんと1本だけ大きな紅葉が!

今までみた紅葉の中で一番綺麗かも!!(☆∀☆)キラリン
大きさもそうだけれど、色がすごく綺麗〜〜イロハモミジという種類です。

517.jpg

風が吹くたびに、紅葉の葉が舞い落ちる様が風情があっていい感じです。

518.jpg

この木には囲いがあるんですが、書いてあった看板によると。。。
5年前から枯れだしたので樹木医さんに診てもらったところ
根元を踏みつけたり、この場所でバーベキューを行っていたのがよくなかったそうです・・・。
今は土を入れ替えてこの紅葉の木が元気になるように養生中だそうです。
見た目はとっても綺麗だけれど、
だいぶ老木なのかな?幹が空洞化しつつありました。
また来年も素敵な紅葉がみられますように。

みなさんも体力があればビジターセンターまでどうぞ♪
今回は、滝の紅葉が青くて(´・ω・`)ションボリだっただけに
歩いてよかった〜と本当に思いました。

駅から滝まで2.8km
滝からビジターセンターまで1.5km

片道合計 4.3km 往復 8.6km ヽ(´ー`)ノ♪帰りは下りなので楽々です。

それにしても、この時期の箕面ってすごい人が多いんやぁ・・・と
改めて実感しました。
(この時期はいつも京都へ行っているので、地元であまり紅葉をみないのです・・・)

大滝の近くにあるドライブウェイの駐車場がいっぱいで、
駐車禁止区間が終わるとものすごい駐車の列ができていて、、その列は
滝から1.5km先のビジターセンターよりもっと山奥に駐車の列ができていた(汗
あの列はいったいどこまで続いていたんだろう・・・と考えると・・・
((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルなのでした。。。

posted by ヨーコ at 23:10| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 箕面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

箕面のおさるさん。@大阪

箕面といえば、瀧や紅葉の他に有名なものがあります・・・・。
昭和31年、天然記念物に指定された「日本ザル」です。

509.jpg

川を挟んで向かい側から電線をうまく利用して移動しているお猿さん。
とても軽い感じで渡ってくるのでサーカスをみているようでした。

一見、可愛いように見えるお猿さんですが、凶暴なため
「餌を見せない、やらない、近づかない」という看板が
公園内のあちこちにあり、猿を自然に帰すための試みが成されています。

515.jpg

それまで、ゴミ箱を荒らされることがあり今では
猿がつかえないような仕組みのゴミ箱もあります。

512.jpg

箕面川でのんびりしているおさるさん。猿は群れで行動します。
今日も普段より人が多いなーとか。。。思ってるのかも?

513.jpg

小さな赤ちゃんを抱いているおさるさんもいました。

514.jpg

紅葉の木に登っている猿、絵になりますね。

20年前に比べて、猿害は少なくなってきており市街に猿が降りてくることも少なくなりました。

人に馴れているというより、人をなめている箕面の猿・・・。

今まで観光客が猿に餌をやっていたりしていたので、
人を襲うようになり多数の被害がありました。

猿を自然に帰すための運動が行われています。
餌はやらない、見せない、近づかないを守ってくださいね。
タグ:大阪 箕面
posted by ヨーコ at 23:05| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 箕面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

箕面の大滝@大阪

箕面駅から2.8km 歩いて約1時間ほどで高さ33mの大滝に到着します。

506.jpg

赤や黄色に染まった紅葉を楽しんでさらに瀧まで楽しめる。
絶景の場所。

507.jpg

せっかくなので滝壺の近くまでいってみました。
今日は水量が比較的多い方で最近は水量が少なくて滝壺の底が見えてしまう事もあります。

508.jpg

まだ箕面の瀧のポスターの様に瀧のそばにある紅葉は残念ながら紅葉していませんでした。
あと1週間くらいしたら見ごろかもしれませんね。
posted by ヨーコ at 23:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 箕面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

箕面の瀧道にある唐人戻岩@大阪

瀧道を歩いて30分〜40分ほどすると
側面に大きな岩が飛び出している場所があります。

505.jpg

高さ約7.5m×幅約7.3mのものと、
高さ約7.3m×幅約2.1mの2つの岩からなる唐人戻岩。

その昔、この付近が山深く険阻な頃、
唐の貴人が箕面の瀧のたぐいまれなことを聞いて
駕籠に揺られてこの岩まできたのですが
あまりの山道の険しさに恐れをなし、引き返したという伝説があります。
posted by ヨーコ at 22:55| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 箕面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瀧安寺@大阪

658年に役の行者が箕面の瀧で修行を行い、創建された瀧安寺。
(日本四弁財天の一つ)
山岳修行の霊場として知られ
4月7日、7月7日、11月7日には各地から山伏が集まり護摩法要が行われています。

498.jpg

瀧安寺にある橋の紅葉も赤く染まっていました。

499.jpg

この先の階段を上がると日本最古の弁財天があります。
鳥居の側の紅葉も色鮮やか。

500.jpg

階段を上がると、赤と黄に染まった紅葉が視界に入り
その光景をしばらく眺めました。
石畳の上でたくさんの人がカメラを構えてました。
人がいなくなったところをパシャリ。

501.jpg

ここの紅葉の葉は大きめ。黄色と赤のコントラストがほんとうに綺麗。

502.jpg

弁財天でも、、、「今日は雨が降りませんように・・・」とお願い。

ここは、日本最初の弁財天でもあり、本堂にまつられている弁財天はわが国最古のもの。

503.jpg

西江寺と、この瀧安寺の弁財天は紅葉の地元ならではのオススメの場所。

504.jpg

この瀧安寺ですが約400年前、天正年間に「箕面の富くじ」を始めた宝くじ発祥の寺としても有名です。
お正月には当時と同じ方式の「富くじ」が行われます。


posted by ヨーコ at 22:52| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 箕面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

箕面もみじまつり@大阪

明治の森 箕面国定公園は明治100年を記念して、昭和42年に東京の高尾山とともに国定公園に指定されました。
毎年11月の紅葉シーズンにはもみじまつりが開催されていて
12種類 約5300本の紅葉があるといわれています。

阪急梅田駅から宝塚線 石橋駅乗換、箕面線 箕面駅下車
(梅田から電車で30分ほどでつきます)
箕面駅から箕面の大滝までは約2.8km 徒歩約1時間。
大滝までの道のりは川のせせらぎを聞きながら紅葉を見ながら歩くコースです。

479.jpg

阪急箕面駅を下車、改札を出ると滝道の入り口があります。
山は紅葉で色づいており、この時期になるとたくさんの観光客が訪れます。

482.jpg

5分ほど歩いたところに、箕面焼 窯元の向かいに古い風情の残る旅館「河鹿荘」があります。

483.jpg

西江寺へ向かう坂道のそばに、明治43年に建てられた
橋本亭という昔の旅館を改造した店があります。1階はカフェ・雑貨やさん
2階は大小貸室があります。
ここの紅葉は箕面の中でも一番遅いといわれていて、この日もまだ青々としていましたが川のせせらぎを聞きながら紅葉を眺めて、
美味しい珈琲を飲んでくつろげる風情のあるお店です。

484.jpg

滝道を進んでいくと、紅葉はちょうど見ごろのものが多い。
大正時代に建てられた建物を改装してオープンした音羽山荘の紅葉も赤かったです。
(数年前までは元三井造船の保養所でした)

485.jpg

箕面川に映りこむ紅葉。
新緑の時期には川面に緑色の紅葉が映りこむのですごく綺麗ですよ♪

486.jpg

黄色い紅葉が写りこんだ川面は絵画のようでした。

487.jpg

瀧道からは色とりどりの紅葉を楽しめます。

488.jpg

まだ青い紅葉もありますが、黄色や赤色に混じって綺麗なコントラストでした。

489.jpg

曇り空の中、雨が降らないか心配でしたが
たくさんの観光客の方が瀧まで歩いていて、素敵な紅葉を見るたびに歓声を上げていました。

490.jpg

種類や場所によって紅葉の姿はさまざまです。

491.jpg

黄色と赤のコントラストが見事でした。

492.jpg

瀧道を歩いていると下から紅葉を見上げる事が多いけれど、
少しひらけたところへいくと、反対側の山の風景が垣間見れます。

493.jpg

赤や黄色の紅葉でお腹いっぱいになりそうなので
たまには、緑もいいですよね♪

494.jpg

ここ数年、気温暖かくて紅葉が赤くならずに枯れてしまう事が多かったけれど
今年はぐっと気温が下がって紅葉が一気に増して色づいているものが多いです。

495.jpg

瀧道は今週末くらいまでが見ごろかも?とても素敵な錦模様でした〜








posted by ヨーコ at 22:50| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 箕面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お土産やさんのかんばん猫?@大阪

箕面の瀧道を上がると、干し柿や銀杏、焼き栗などを販売しているおみやげやさんがあります。

496.jpg

今日は猫ちゃんが干し柿の後ろで毛づくろい中。

・・・・ひたすら毛づくろいをしててちっとも顔を見せてくれないので
ニャーとか話しかけてみたり撫でてみると。。。。


497.jpg

・・・・何とも言えないくらいにものすごい不機嫌そうだった・・・
邪魔してごめんよ (´Д⊂ ・・・・
タグ: 大阪
posted by ヨーコ at 22:49| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫ニャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

箕面の聖天宮西江寺@大阪

470.jpg

箕面駅から滝道へ向かって5分ほど、橋本亭の手前の坂道を上がると
685年、役の行者小角によって開かれた 箕面山聖天宮西江寺があります。
日本最初の大聖歓喜天が出現した場所。と言われています。

幼いころはここに七五三参りに来ていました。

歓喜天について詳しくはこちら→

471.jpg

ここに来るのは10月の秋祭り、天狗祭以来です。。
あの時は夜だったからわからなかったけれど、
たくさん紅葉の木があってびっくり。
(紅葉の時期はいつも滝を見に行くけどこっちには来たことがなかった)
しかも人があんまりいないヽ(´ー`)ノ♪
この時期、滝道はものすごい人だかりなので静かな境内で思わずのんびりしてしまいました。

473.jpg

手水屋のところにどこからか舞い落ちた紅葉が沈んでいました。

472.jpg

今日は天気が悪いから「曇り空だけどどうか雨は降りませんように」とお願い。
窓に映りこんだ紅葉が綺麗でした。

474.jpg

階段を上がると、ここに祭られている歓喜天のお堂があり、
提灯には二股の大根、反対側には巾着が描かれています。

476.jpg

曇り空だけど、真っ赤に染まった紅葉はとても綺麗でしたヽ(´ー`)ノ

478.jpg

ここから滝まで2.8km!
坂の下は観光客の人でごった返しています。
posted by ヨーコ at 22:48| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 箕面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

「一歩」という屋号の元遊郭@大阪

466.jpg
飛田新地内にある、重要文化財として有名な「鯛よし百番」(鍋料理屋さん)の隣にある「一歩」という名前の元遊郭の建物。
つい最近、この建物は無くなってしまい更地になってしまったとか・・・。
隣の百番と同じくらいとても素敵な造りの精巧な建物だっただけに残念。

469.jpg
今でも営業中の店はの屋号の部分は四角い白地の電気の看板に変わっているのに、
ここの建物のものは、木で作られているのでかなり古さを感じます。
そして、2階部分に富士山の絵が彫られているのも特徴的。

468.jpg
隣は百番。こうやってみても結構豪華なんですよね。。。。
この近辺、3年くらい前は営業している店がありましたが今はなくなってしまいアパートに変わっています。
建物の老朽化が進んでいるのと、不況の煽りか営業されていない古い置屋が目につきます。

467.jpg
裏へ回ると、ハイカラなステンドグラス。
大正モダンの和洋折衷の建物の造りの特徴がありました。

今でもタイルやステンドグラスで飾られた建物ががたくさんあります。

最近は、阿倍野再開発事業というものがが進んでいるらしく
超高層マンションが周囲に立ち並んで、ここ3,4年で風景がかわりつつあります。









posted by ヨーコ at 23:59| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | レトロ建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

萌黄の館@神戸

秋の京都もいいけれど秋の異人館もおすすめなのです。

一番おすすめは「萌黄の館」
その昔は白かったそうですが、改装工事で薄いグリーン色に塗り替えられた館。

462.jpg
(使用カメラ:Lomo smena8m 使用フィルム:konica minolta jx100)

中はほんのり薄暗く、ランプがついていました。
入ってきた人をお客さんのように迎えてくれているようなおもてなしの
客間の雰囲気が印象的でした。
撮影したのが昨年の11月なので、ちょうどX'masツリーが置いてありました。

463.jpg
(使用カメラ:Lomo smena8m 使用フィルム:konica minolta jx100)

階段を上がって2階へあがると、可愛い小ぶりのシャンデリア。
各部屋には暖炉があって、有田焼のタイルらしきものが張られていました。

そのうち一つは武雄温泉の大正天皇専用に作られたというお風呂の
有田焼のタイルと目を疑うくらいにそっくり・・・。
同じくらいの時代に作られたものだから、、似てるのかなぁ。。?
写真がなくてすみません。。このお風呂のタイルです click→
(今度いってきたら撮影してきます。)

464.jpg
(使用カメラ:Lomo smena8m 使用フィルム:konica minolta jx100)
各部屋を見学したあとは光の差し込むベランダへ。

465.jpg
(使用カメラ:Lomo smena8m 使用フィルム:konica minolta jx100)
ここからは神戸港まで見渡せる眺望♪
ここは天気がよければとてもいい景色。
椅子に座ってのんびり。くつろげます。

庭には震災の傷跡として、
この館にあった煉瓦の煙突があの大きな揺れで落ちてきたものが
そのままの形で残されています。
今の生活ではほとんど思い出す事がないけれど
神戸に来てこういうのをみるとあの時の事を思い出しますね・・・。
今でも更地の場所は結構あるし。。。。ちょっと切なくなります。
posted by ヨーコ at 23:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | レトロ建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

スマートボールと通天閣@大阪

460.jpg
(使用カメラ:Lomo smena8m 使用フィルム:konica minolta jx100)

通天閣のお膝元で老若男女、夢中になってやってるスマートボール。
この写真を撮ったときは、サクマドロップがもらえた時♪



461.jpg
(使用カメラ:Lomo smena8m 使用フィルム:konica minolta jx100)

最近、京都にばっかりいってるから通天閣へはご無沙汰。
串勝つ食べて、スマートボールで遊んで、通天閣登って景色見て。。。
久々にいってみよかなー
posted by ヨーコ at 22:16| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

旧阪急梅田駅コンコース@大阪

459.jpg
(使用カメラ:Lomo smena8m 使用フィルム:konica minolta jx100)
大きなシャンデリアとモダンな風貌のドーム型天井を見ながら
いつも通勤していた頃がちょっと懐かしい。
(撮影は2005.09.13)

昭和4年、ここに阪急梅田駅が建てられたときのコンコース。
昭和46年、駅が移されるまではここにあったそうな。

阪急百貨店改装を期にこの場所も改装されることが決まってしまい
この場所を惜しむ人が後を絶たず。。。
この写真を撮影した最終日もたくさんの人がこの場所で写真を撮影していました。

小さい頃に親に連れられて百貨店で買い物しているときも、
普段見る建物の雰囲気とは違うこの場所にくると子供心に特別な気分になったものです。

たくさんの人がこの場所を残してほしいと嘆願したけれど
聞き入れられることはなく工事は進んでしまいました。

旧阪急梅田駅コンコースを残したい・・

私が知る限り、シャンデリアの解体は進んでいて
この場所の通行が最後になった日には、取り外されたシャンデリアの跡がぽっかり天井に残っているのが見えました。。。

この場所がもうないんだーなーって思うと寂しい気分がします。
文化的価値の高いものは残してほしいのに時代の波には逆らえないんでしょうかね。。。

壁画は平安神宮の設計でも有名な伊東忠太氏のもの。

■2006年11月22日〜12/6(水)
滅多に公開されない非公開文化財「祇園閣」が特別公開されます。
(円山公園から高台寺へ向かう途中にあり、奇抜な色使いがいつも気になる建物)
大倉財閥の大倉喜八郎京都別邸に昭和2年に建てられた
祇園閣の設計は伊東忠太氏
posted by ヨーコ at 22:43| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | レトロ建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

総本家 よし廣で京菓子作り体験@京都

二条城へ行った後、京菓子作りにチャレンジしてきましたヽ(´ー`)ノ

二条駅から徒歩5分ほどのところにある、総本家よし廣
http://www.yoshihiroseika.com/

講師の方は水内さんという女性の職人さん。

457.jpg
とてもテキパキとしたスピード感あふれる説明に、、
途中ついていけなかったりもしたけれど、
体温の暖かさは敵でスピードが要求される仕事だそうです。
職人さんは3分程で作り上げちゃうそうな。

今回作った京菓子は柿と桔梗。
芸術センスよりも、職人さんの話を聞くのに必死で大変。
出来上がりはなんとか形になりました。
こんなに真剣に作業したの久しぶりです。

作り終わった後は、職人さんの技を近くでみることができます。
あっというまに目の前で菊の花になってしまう・・・。
手仕事のすごさに関心させられました。
その後、お抹茶と京菓子を頂いて、お抹茶の頂き方も教えていただいたり
京菓子についてもお話を聞くことができました。

458.jpg

手前が私の作った柿と桔梗。
桔梗の花びら5等分というのがとても難しくて苦戦。。。ちょっとイビツ。
奥は職人さんが作られたものですヽ(´ー`)ノさすが



posted by ヨーコ at 22:10| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二条城・清流園@京都

今日は着物でお出かけの予定だったのに、
寝坊してしまって目覚めたのが7:30・・・。
二条城前駅に9:45待ち合わせ。
8時には家をでなければならないので着物を着る時間がなく
洋服で出かけることに。

454.jpg

着物パスポート期間中なので、二条城に着物でいけば無料で入れるんですが
入場料600円・・・早く起きればよかったと後悔。
あいにくの曇り空。

二条城は何度もきているけれど、一番好きな季節は梅と桜と椿の時期です。
四季折々の花々が楽しめる庭園がオススメです。

二条城の中をみて天守閣跡をみたり、
庭園をみていたりしているだけで軽く1時間は時間がたってしまいます。
何度見ても、城内にあるマネキン人形が人間に見えてしまうリアリティが怖いですー。

襖や天井、欄間などの細かい細工がすごくて
特に厚さ35cmの両面とも違う彫りの欄間は圧巻です。
廊下はすべて、うぐいす張り。歩くとキュキュっと音がします。

452.jpg

今はちょうど紅葉の時期で、庭園の桜やイチョウ、紅葉なんかも徐々に赤や黄色に染まりつつありました。
まだちょっと早いようです。

453.jpg
山茶花が見ごろでした。
ここは椿もたくさん植えられているので開花したときは見ごろです♪

455.jpg
今回は、特別公開されている清流園へも足を運びました。
回遊式の庭園は丁寧に手入されていてとても綺麗で、香雲亭のお茶席で休憩。

清流園は大正天皇即位式饗宴の儀の会場として利用され、
その後、庭園に整備されたそうですが
昭和25年進駐軍の意向によりテニスコートに転用されていたそうです。

今の庭園は昭和40年(1965年) に完成したらしいので、
わりと新しいものなんですね。

456.jpg

桜の落ち葉が絨毯みたいに広がっていました。

今日の雨で紅葉が落ちちゃいませんように。。。。

posted by ヨーコ at 21:34| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。