2006年09月24日

嵐山・曼珠沙華@京都

9月と言えば、田んぼの畦道に真っ赤な曼珠沙華が満開になる季節。

322.jpg
嵐山駅から渡月橋を渡って

319.jpg
(使用カメラ:Lomo smena8M 使用フィルム:konica minolta jx100)
大覚寺の大沢の池までてくてく歩いて行ってみました。

320.jpg
(使用カメラ:Lomo smena8M 使用フィルム:konica minolta jx100)
大覚寺の近くにある田んぼにはたくさんの曼珠沙華

324.jpg
分厚い雲が青空に流れていく様がとっても綺麗でした。
posted by ヨーコ at 21:57| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

解体中の軍艦アパート@大阪

学術調査も終わり、解体が始まっているという話を聞いたので
この日、時間をあけて行って見ました。
3人ほどカメラをもって撮影されている方がおられました。

前回は行ったのは閉鎖前。
住民の方が引っ越しに追われている最中でした。
2006年02月26日 軍艦アパート@大阪

325.jpg
(使用カメラ:konica C35 Flash matic 使用フィルム:konica minolta jx400)

軍艦アパートは大阪市営の「下寺住宅」と言う名前の昭和6年に建てられた鉄筋コンクリート製のアパート。
このアパートの愛称でもある「軍艦」は戦火の中でも焼けずに残ったこと、
また、炊き出しの際にアパートの煙突からでていた煙が軍艦のようだったことからつけられているとか。他にもいろいろ説あり。

日本橋の電気屋街から少し入ったところに存在。
現在は閉鎖されており、中へは入れないように板が打ち付けられています。

328.jpg
(使用カメラ:konica C35 Flash matic 使用フィルム:konica minolta jx400)
南側はすでに解体中。

327.jpg
(使用カメラ:konica C35 Flash matic 使用フィルム:konica minolta jx400)
出し家と階段。

出し家はこのアパートに住んでいた住人の方が狭いアパートを
広くするために考え出した増改築。これがこのアパートの最大の特徴。

330.jpg
(使用カメラ:konica C35 Flash matic 使用フィルム:konica minolta jx400)
壁のタイルがどことなく懐かしいけれど寂しい雰囲気。

329.jpg
(使用カメラ:konica C35 Flash matic 使用フィルム:konica minolta jx400)
住民のいないこの場所で、ほとんど人の通ることのない横断歩道。

もうすぐここは更地になってしまうのかな・・・。





posted by ヨーコ at 21:57| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レトロ建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

有田のレトロな町並み@佐賀

有田の町にはじめて足を運んだのは昨年の10月。
ポーセリンパークへ行こうと計画を立てて、有田駅へ降りたら
平日はバスがないといわれ(−−)
駅前でレンタサイクルを借りて、ポーセリンパークまで行ったんです。
町中を散策したとき、近代建築の建物がたくさんあって和洋折衷、時代が混ざっていることにすごくびっくりしたのを覚えています。

晴れた日に町中をゆっくり散策したいのですが、いつも有田の街を散策する時は天気に恵まれないようです・・・
この日は台風の通過後。

316.jpg
香蘭社の階段。

315.jpg
雰囲気のある窓ガラス。

317.jpg
黒漆喰の建物と、洋風の香蘭社の建物。

318.jpg
ちょっと廃屋チックな、消防団?の倉庫

今回、雨が気になってフィルムカメラが使えなかったのがちょっと残念。。。。
また今度ゆっくり散策するときに写真撮りたいと思います。
posted by ヨーコ at 22:55| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | レトロ建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

うつわ処けいざん@佐賀

台風13号が今夜にも上陸、、という情報の中、朝なら大丈夫かも?ということで
また有田散策へ。

案の定、台風に備えてほとんどのお店が閉まってました(´・ω・`)
窓が割れないように板を打ち付けてる作業、、初めて見ました。
古い建物にはシャッターとかないですもんね。

連れが「うつわ処けいざん」の蕎麦を食べたいと言っていたので行ってみる事に。台風が近づいてるからお店もしかしたら休みかもしんない・・・と思っていただけに開いていたので嬉しかったですヽ(´ー`)ノ
http://www.arita-keizan.com/tearoom/index.html

313.jpg
お皿にもられた手打ち蕎麦♪台風が近づいてることも忘れて、味わいました。
食べながらどんな絵柄がでてくるのだろう・・・?という楽しみがいいですね。

314.jpg
昼ごはんにこの量はちょっと多すぎたかな。。。とか思いつつ。
ぺろっと全部食べてしまいましたヽ(´ー`)ノ
有田の呉豆腐もまた食べることができたし♪とても美味しかったです。
posted by ヨーコ at 22:50| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐賀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有田異人館@佐賀

有田は近代建築の洋風な建物と、黒漆喰や白漆喰の建物などが混在している落ち着いた静かなレトロな雰囲気の町です。

312.jpg
有田異人館は明治時代の有田の豪商田代助作が1876年(明治9年)に外国人向けの接待の為に建築した和洋折衷の建物(非公開)
よくみると入り口付近は市松模様のモダンな造り。
壁の色と窓枠の色のコントラストがはっきりしていて、当時の洋風な建築を伺うことができます。
posted by ヨーコ at 21:50| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | レトロ建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

真右エ門窯@佐賀

大雨の唐津から帰ってきて、有田や武雄は唐津の大雨の後も全くなく。。。
雨が降った様子がほとんどありませんでした。

8月のお盆頃に伺った有田の真右エ門窯さんの所にまたお邪魔しました。

真右エ門窯
http://www.sinemon.com/

5月の陶器市の時に、全く器に知識がない私ですが・・・(−−)
有田焼の染付けのものとは違う今まで見たことのない繊細な色の器をみてから
ここの器が好きになってしまいました。

310.jpg
8月にいったときには、この酒器セットを購入。
陶器市に行ったとき、連れがこのビアグラスを購入していて、
色が変わる様(グラスの中に水を入れると、反射して水の色が青くなるのです)をみて、すごく欲しかったので購入できてよかったです。

311.jpg
光の角度によって色が変わるのが面白くて、箱から出しては眺めて、
また箱にしまっての繰り返しでまだ使ってないけれど。。。
(使うのがすごく勿体無くて勇気がいるのです。。。。
やっと最近、桜紋の湯のみ使い始めたところです)
これから熱燗が美味しい季節になるのでそろそろ使ってみようと思います♪

また11月にお邪魔する予定なので、色々みられたらなぁと思います。



posted by ヨーコ at 22:50| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 佐賀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

唐津の大雨@佐賀

川島豆腐店を出て車に向かうまで駅前は雨は降っておらず、
山間に暗い雲が漂っていました。

雨はだんだん激しくなってきて、松浦川の水位もかなり高くなってきていて
まだ台風きてないのにすごい雨やなぁ。という軽い認識しかありませんでした。

武雄に戻る際、先の車がどんどんUターンしてくるので何でだろう?と思ったら
その先は冠水していて、通行止めになっており、
やむを得ず別の道を探しにUターンすることに。
この当たりで、いやな予感がしました。

306.jpg
再度横道にそれようとしたときにそこは橋の下の下り坂。
大きな水溜りになっていて、前にいた車はブレーキがきかなかったのか
そのまま水溜りの中に突っ込んでいきました。
(前半分、車の屋根の上まで泥水に使ってました)
もし気がつかなかったらそのまま、自分たちも前の車にぶつかって水の中に入ってたかもしれない・・・と思うと背中がぞっとしました。
通行止めの標識がくる寸前に起きたことでした。
すぐそばにパトカーが来ていたので、事故が起きた事を告げ、
なんとか車は大きな水溜りから脱出できたようです。

307.jpg
他のまわり道を探そうと、地図をみながら道を探ってみると
外は避難のサイレンがずっと鳴り響いていました。
道路は冠水。。。その先は山から水が流れてきていてまたも通行止め。
前の車がUターンしているので同じくまた引き返すことに。

道路のガードレールの下は水が迫ってきていてビニールハウスの
屋根の上しかみえず、電信柱の半分まで水に浸かっていました。
もう他には道がなく、水もどんどん迫ってきているので高台へ移動。
最初のUターンしてしまったあの道路へ戻ることに。
長い車の列ができていて、連れが先頭部分にいる警備員の人に
話を聞きに行ったところ唐津の道路はすべて閉鎖されていて、
福岡へ行く有料道路のみ機能しているとのこと・・・。
しばらく水が引くことを祈って待つことに。

308.jpg
その後、道路の水も引き、やっと動き出しました。
その先の松浦川を挟んで対岸は土砂崩れを起こしていたらしく、
倒木が道をふさいで電柱を巻き込んでいたり
畑には濁流が流れ込んでいました・・・。

309.jpg
そして、その少し先で、大きな土砂崩れ…。
この反対側の道、行こうとしていて通行止めになっていた場所でした。
こんなことになってるとは思ってもみませんでした。

知らない土地で、災害にあってもどうしていいのかほんとわからなくて、
焦りと不安で判断が鈍りました。
ラジオをずっときいてたけれど情報は得られないし、
本当に局地的な雨だったことを戻ってニュースを見て知りました。
災害に遭われた方々の一日も早い復興をお祈りしています。

※この内容を掲載するかどうか当初迷いましたが、
もっと多くの人に災害の被害の様子・状況を知ってもらうために、
掲載することにしました。
タグ:唐津 大雨 佐賀
posted by ヨーコ at 21:50| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

唐津・川島豆腐店@佐賀

台風13号がまだ近づいていないにもかかわらず、
前線の影響で大雨だった唐津。

事前に予約していた川島豆腐店へ行くために朝一で武雄を出発。
山を越えて唐津へ入ると天気は一転。
305.jpg
土砂降りの雨と大雨洪水警報発令中の文字。
道路は少し冠水気味・・・・。
唐津駅周辺は雨が止んでおり、大雨の雲がすぎさった後でした。
予定の時間より少し遅れて店内に入り、この大雨で
他にお客さんいるのかな?・・って思ってたけれど2名おられました。

303.jpg
カウンターにはできたてのざる豆腐(^^)湯気がたっていました。
早速お皿に寄せてもらって、口の中にとろける様な食感を楽しみました。
(おかわりし放題♪)
この味は朝一に来ないと食べれないですもん。
ほんと早起きしたけれど来てよかった〜って思える豆腐やさんです。
使用されている器は唐津焼。温かみのある器でした。

304.jpg
ここに前回きてびっくりしたのがこの揚げ豆腐。
外はカリカリ。中はやわらかくてとっても美味しい♪
これも、おかわりし放題(^^)
店内の壁にはほのぼのとした黒田征太郎さんの絵が描かれています。
デザートは豆乳プリン♪

今回で川島豆腐店へ来るのは2回目です。
ほんとうに美味しいざる豆腐。ここでしか味わえない料理と器と雰囲気。
また行きたいと思います。
posted by ヨーコ at 21:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 佐賀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

安井金比羅神社と花見小路@京都

縁切り神社として有名な安井金比羅神社

302.jpg
花見小路を抜けて細い路地に入ると赤い鳥居が出てきます。
ひっそりとした佇まい。どこか不気味な雰囲気がただよっていますが。
縁切りといってもそのあと良縁を呼ぶということから、各地からお参りにこられているかたが多いようです。
絵馬には・・・@@さんと@@さんが別れますように。とか
@@と離婚できますようにとか・・・・なんともいえない願い事がたくさんかかれています。。。

300.jpg
この日は、この神社の一角で芸妓さんを囲んでお話会でした。
どうして花街の世界へ入ったのかという経緯から始まり、
普段の生活のお話などなど。等身大の芸妓さんのお話を聞けてとてもよかったです。
京ことばって響きがとても素敵でいいですね。
秋の予感を感じるような空でした。

301.jpg
夜はいつもの祇園の中華料理やさんへ行ってきました。
祇園の石畳を通り抜けながらこのお店に行くのがいつも楽しみです。
店を出ると花見小路で舞妓さんが歩いてました。



posted by ヨーコ at 20:05| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。